展覧会

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展
-ベルばらは永遠に-

2022.9.17(土)~ 11.20(日)

<エントランス展示イメージ>
©池田理代子プロダクション
<エントランス展示イメージ>
©池田理代子プロダクション

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)では2022年9月17日(土)から11月20日(日)まで、「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー」を開催いたします。本展では、50年前の原画や美しいカラーイラストのほか、宝塚歌劇やTVアニメの『ベルばら』など多岐にわたる「ベルばら」の展開の数々を展示します。さらに会場ではベルサイユをイメージした華麗な演出も展開されます。

 ■本展のみどころ

【エントランス】

会場に入ってまず目に飛び込んでくるのは、ベルサイユ宮殿をイメージした優雅な回廊です。回廊の奥には、オスカル、マリー・アントワネット、フェルゼン、アンドレの4人のパネルを、まさにそこに佇んでいるかのように展示します。さらに窓面には、登場人物たちがまるで宮殿に飾られた肖像画のように展示され、東京の空と融合して来場者を一気に華麗なる「ベルばら」ワールドへと誘います。昼と夜とで異なる表情を見せる、海抜250メートルに浮かぶ夢のような空間をご堪能ください。

【序章】「ベルサイユのばら」誕生

20歳で漫画家デビューして以来、長年温めていた題材を発表するチャンスを得た池田理代子氏は、当時としては異例の歴史を題材として、マリー・アントワネットの生涯を描きました。「絶対にヒットさせる」と、このチャンスにかけた池田理代子氏の情熱に迫ります。
作品の主要登場人物の紹介などとともに、「ベルばら」の壮大な物語の幕開けを紹介します。

【第1章】 「ベルサイユのばら」

カラーイラストや当時としては珍しい2色、4色の貴重な原画など、連載当時の原画約180点を物語に沿って展示します。物語の魅力はもちろん、いきいきとした美しく力強い線や胸に染みるセリフもお楽しみいただけます。
また、本編では描かれなかった秘話や真実を明らかにし、40年ぶりの新刊として話題となった『ベルサイユのばら エピソード編』の原画も公開。
池田氏の作品に込めた思いや、連載の舞台裏などのエピソードも紹介し、より深く「ベルばら」の世界を体感できます。
さらには、原画だけでなく、オスカルが生涯でただ一度だけ身にまとったドレスを展示します。文化服装学院オートクチュール科の学生たちが制作したこのドレスは、光沢を放つ絹の生地や数千個のビーズがあしらわれ、ため息が出るほど美しく、あの名場面が目の前に蘇るようなコーナーとなるでしょう。

1972年『週刊マーガレット』21号表紙】のカラーイラスト
『ベルサイユのばら』完全版7巻より
『ベルサイユのばら エピソード編Ⅳ』より
『ベルサイユのばら エピソード編Ⅳ』より

オスカル 生涯ただ一度のドレス

フェルゼンへの恋心を断ち切るため、オスカルは異国の貴婦人だと身分を偽り、ドレスをまとって舞踏会へ。オスカルだと気づいていないフェルゼンの腕に抱かれて踊るオスカル。このドレスは、オスカルにとって生涯ただ一度のドレスとなった。

オスカルのドレス展示イメージ
『ベルサイユのばら』完全版4巻より

©池田理代子プロダクション/集英社

【第2章】 宝塚歌劇「ベルサイユのばら」

宝塚歌劇版「ベルサイユのばら」は、1974年8月、宝塚大劇場(兵庫県)で初めて上演され、続く11月には東京公演が始まり、空前の「ベルばら」ブームを巻き起こしました。その後も繰り返し再演され、2014年には通算観客動員数500万人を記録した宝塚歌劇を代表する作品です。ここでは、オスカルとアンドレが愛を誓いあう名場面「今宵一夜」の舞台となる「オスカルの居間」のコーナーも展示します。オスカルとマリー・アントワネットが身に着けた舞台衣装や小道具も展示し、宝塚ファンのみならず、原作のファンも必見のコーナーです。
さらには過去の公演ポスターや衣装のデザイン画などの資料を展示するほか、湧き上がる賛否両論の声を力に変えて舞台化を企画した、植田紳爾氏による作品への想い、演出を手掛けた昭和が誇る映画俳優・長谷川一夫氏による“魅せる演技”の秘訣も紹介します。

宝塚歌劇版『ベルサイユのばら-オスカル編-』 2014年宙組公演
宝塚歌劇版『ベルサイユのばら-オスカル編-』 2014年宙組公演

©宝塚歌劇団

【第3章】 TVアニメ「ベルサイユのばら」

連載が終了しても人気が続くなか、「ベルばら」は、1979年にアニメ化されました。監督にTVアニメ「巨人の星」を手掛けた長浜忠夫氏とTVアニメ「あしたのジョー」の出﨑統氏、キャラクターデザインは荒木伸吾氏・姫野美智氏と、当時のアニメ界が誇る豪華スタッフが結集して制作されました。オープニング主題歌「薔薇は美しく散る」が大ヒットするなど、放送当時から話題を呼びました。その後も再放送を重ね、2021年から2022年にかけてはコンプリートDVDブックが発売されるなど、今も根強い人気を誇ります。本章では貴重なセル画を展示するほか、長浜監督と出﨑監督それぞれの演出の特徴、アニメ版のみどころなどを解説し、そのオリジナリティあふれる世界をたどります。

TVアニメ「ベルサイユのばら」(日本テレビ系列にて放送)
TVアニメ「ベルサイユのばら」(日本テレビ系列にて放送)

すべて©池田理代子プロダクション・TMS

【第4章】 「ベルサイユのばら」は永遠に

連載開始から半世紀の間、絶え間なく話題を提供してきた「ベルばら」。本章では、2005年に朝日新聞土曜別刷り「be」で連載された池田理代子氏本人によるコメディタッチの4コマ漫画『ベルばらKids』、海外各国で翻訳・出版された書籍、また懐かしのお宝グッズ、さらに、バラエティ豊かな企業とのコラボレーション事例など、「ベルばら」をめぐる50年間のモノ・コトを展示します。現在にまで続く奥深い「ベルばら」ワールドを感じていただけます。

海外翻訳コミックス表紙
海外翻訳コミックス表紙
左・文具と集英社『週刊マーガレット』(1974年/50~52号)でのプレゼント企画「ベルばら手帳」、右・おしゃれセット
左・文具と集英社『週刊マーガレット』(1974年/50~52号)でのプレゼント企画「ベルばら手帳」、右・おしゃれセット
左・小学館『小学三年生』(1990年/1・2月号)に掲載のフォト絵本「ジェニーのベルサイユのばら」用に製作された人形、右・ハンカチ
左・小学館『小学三年生』(1990年/1・2月号)に掲載のフォト絵本「ジェニーのベルサイユのばら」用に製作された人形、右・ハンカチ

すべて©池田理代子プロダクション/集英社

 ■池田 理代子氏プロフィール

1947年大阪府生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)在学中の67年、漫画家デビュー。72年、『ベルサイユのばら』の連載を開始。2,000万部以上を売り上げる大ヒット作となる。80年『オルフェウスの窓』で第9回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。2009年には、日仏文化交流への貢献を称え、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエが授与された。
1995年には47歳で東京音楽大学声楽科に入学。卒業後は声楽家としても舞台、CDなどで活躍するほか、オペラのプロデュースなども手掛けている。
また歌人として、第一歌集『寂しき骨』を上梓。『塔短歌会』同人。

公式サイト:http://www.ikeda-riyoko-pro.com/

©大野愛子

〈本展開催にあたってのコメント〉
50年とは遥か昔のことのようではありますが、『ベルサイユのばら』という作品が親から子へ、そして孫へと読み継がれているという、連載中にはとても想像できなかった夢のような幸福を与えられ、作者としてはすべてに感謝したい気持ちです。
出版社は勿論のこと、宝塚歌劇団、アニメーション会社等々、事あるごとに盛り上げて頂きました。 そして今、このようなコロナ禍にあって、関係者の皆様には50周年展を開催し、祝って下さることに心より御礼申し上げます。一人でも多くのファンの方に楽しんで頂けることを願いつつ。

 ■本展公式ファンブック発売決定!

本展公式ファンブック発売決定!
「愛と感謝の50周年 ベルサイユのばらアニバーサリーブック」

池田理代子

©池田理代子プロダクション/集英社

発売日:2022年9月15日発売
価格:2,200円(税抜)
A5判ソフトカバー、160p(カラー80p、活版80p)

連載開始から50年、世代を超え、世界中の読者の心を揺さぶってきた『ベルサイユのばら』。その軌跡と魅力を伝えるファンブック・永久保存版!

内容:
●作者自身のコメント入りで紹介するイラストギャラリー
●カラーでたどる「ベルサイユのばら」50年史
●もっとベルばらを知る…エピソード編ガイド
●ベルばらを継ぐ…著名人描きおろしイラスト&寄稿
●池田理代子先生描きおろし「理代子のひとりごと2022」
●今だから聞ける、言える「50周年50問50答」
●満を持して新作:ベルばらカルタ50th

基本情報
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る