展覧会

月面VR展
-未来の月面都市-

2018.11.22(木)~ 12.9(日)

「月面VR展 -未来の月面都市-」

東京カルチャーリサーチでは、2018年11月22日(木)~12月9日(日)までの期間、2018年4月日本HP社主催のコンテスト「Project MARS -Education League JP-」にて全国104チームの中から優勝した宇宙スタートアップ企業のYspaceによる「月面VR展 -未来の月面都市-」を開催いたします。

本展では、2023年の月面周回旅行やその先にある月面着陸、月面都市を一足先に体験できる展示となっています。展示エリアがまるで宇宙船かのように感じることのできる映像作品<宇宙の窓>や、実際に月面着陸や月面都市での探査などを体験できる映像やVRを通して宇宙を感じられる作品をお楽しみいただけます。

月面VR展 未来の月面都市

「月面VR展 -未来の月面都市-」

会期
2018年11月22日(木)~12月9日(日)
時間
10:00~22:00(最終入場 21:30)
会場
東京カルチャーリサーチ(六本木ヒルズ森タワー52階 THE SUN & THE MOON内、約17m²の小展示スペース)
料金
無料
※ただし、展望台への入館料(一般1,800円他)が必要です
公式サイト
http://yspace-llc.com/

※期間中、土日祝日の以下の時間帯でスタッフの説明付きでVR体験をお楽しみいただけます。
  VR体験時間:土日祝日 ①13:00~15:00 ②16:00~18:00(VR体験は左記時間のみとなります。)

※VRや映像作品は不定期でメンテナンスが入る場合があります。予めご了承の上ご来場ください。

※VR体験は13歳以上推奨となります。


Yspaceは宇宙xテクノロジーによって、宇宙開発を促進させる宇宙スタートアップ企業です。宇宙工学、ロボット工学の専門分野を軸に宇宙と最先端のテクノロジーを融合させ、世界の人々に“初めて”の体験を届けることを目指しています。 宇宙産業の発展のためには、実際の開発のみならず、PR活動や宇宙開発に携わる人材の確保も喫緊の課題です。その解決のために、世界中の人々にとって宇宙をより身近に、そして人々の共感を得ていくことが大切です。

2023年、宇宙開発の専門ではない、民間の日本人が月を周回します。
2035年には月面基地の建設が始まります。
アポロから50年、世界はまた月を目指しています。

Yspaceは、「毎日の生活に少しの宇宙を」をテーマとして宇宙開発がより身近に感じられるよう、人々と宇宙を繋ぎます。

今回、一足先に月面着陸と月面に広がる都市を疑似体験できる機会をここ東京カルチャーリサーチの展示で行います。

「Yspace」
2018年4月
4月日本HP社主催のコンテスト「Project MARS -Education League JP-にてYspace×MarS+HGとして全国104チームの中から最優秀賞を受賞。
2018年5月
グリー株式会社主催の月面スポーツVRハッカソンにてteam 「Yspace」としてJAXA賞を受賞。
2018年6月
合同会社Yspaceを起業。
2018年9月
JAXA筑波宇宙センター特別公開にて「100万人が住む火星都市」のVR展示を行う。
2018年10月
いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクトの一つに採択。
2018年10月
六本木WeWorkにて若手宇宙エンジニアによるピッチイベント「NEXT SPACE」を主催。
「Yspace」

2018年4月日本HP社主催のコンテスト「Project MARS -Education League JP-にてYspace×MarS+HGとして全国104チームの中から最優秀賞を受賞。

2018年5月グリー株式会社主催の月面スポーツVRハッカソンにてteam 「Yspace」としてJAXA賞を受賞。

2018年6月合同会社Yspaceを起業。

2018年9月JAXA筑波宇宙センター特別公開にて「100万人が住む火星都市」のVR展示を行う。

2018年10月いばらき宇宙ビジネス創造拠点プロジェクトの一つに採択。

2018年10月六本木WeWorkにて若手宇宙エンジニアによるピッチイベント「NEXT SPACE」を主催。

公式サイト :http://yspace-llc.com/

Twitter @TeamYspace

Facebook: https://www.facebook.com/TeamYspace/

東京カルチャーリサーチとは
絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを発見・研究し、その紹介をする小展示スペースです。東京が生み出すカルチャーの中でも、特にマンガ、ゲーム、アニメ、メディアアート等を深く掘り下げ、「東京シティビュー」としての独自リサーチとセレクションに基づき「東京の文化的特異点」を感じる作品を不定期で展示していきます。

チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る