展覧会

東京カルチャーリサーチ 平成展 1989-1999

2018.8.31(金)~ 10.31(水)

東京カルチャーリサーチ

絶え間なく変化する東京のカルチャーシーンを発見・研究し、その紹介をする小展示スペース「東京カルチャーリサーチ」が52階展望台に隣接するTHE SUN & THE MOON内にオープンします。「東京カルチャーリサーチ」は、東京が生み出すカルチャーの中でも、特にマンガ、ゲーム、アニメ、メディアアート等を深く掘り下げ、「東京シティビュー」としての独自リサーチとセレクションに基づき「東京の文化的特異点」を感じる作品を不定期で展示していきます。

記念すべき最初の展示は、平成をポップカルチャーで振り返る三連展の第1回目として「平成展 1989‐1999」を開催します。


平成展
©2018平成展/TCR/KAI-YOU
「平成展 1989-1999」
メインヴィジュアル

平成展 1989‐1999

第1回目の展示では、平成元年である1989年から1999年の初期10年を切り取り、アーカイブ。アーティスト・たかくらかずき氏によるVR作品展示、演出と連動させ、KAI-YOUの編集者たちが平成初期に重要な位置付けとなった作品群の解説を行います。

会期
2018年8月31日(金)~10月31日(水)
※不定休
※展示は不定期更新
時間
10:00~22:00(最終入場 21:30)
会場
東京カルチャーリサーチ(六本木ヒルズ森タワー52階 THE SUN & THE MOON内、約17m²の小展示スペース)
料金
無料
※ただし、展望台への入館料(一般1,800円他)が必要です
公式サイト
http://kai-you.net/heisei

「平成展 1989-1999」とは

凄惨な事件や、震災を連続して目の当たりした平成初期は、日本にとって大きな転換期であり、これまでの「普通」が普通ではなくなりつつある、そのような雰囲気がありました。このような中で、テレビゲームが一般に浸透し、80年代にはサブカルチャーとして語られたアニメや漫画も「ポップ」なものとして許容されていくようになっていきます。

既存の価値観が失墜をみせる中で育まれたコンテンツは、どのような形で社会や人々に影響を与えていき、またいまも続いていくのか。全3回の「平成展」を通し、もうまもなく終わろうとしている平成という歴史の中で、いったいどのようなポップカルチャーが生まれ、次世代へと繋がっていくのか。この先の未来には何が待っているのかを考察します。

たかくらかずき氏 プロフィール

イラストレーター/ゲームクリエイター。1987年生まれ。ドット絵やデジタル表現をベースとしたイラスト/アニメーション/ゲームやVR作品を制作。劇団「範宙遊泳」ではアートディレクションを担当。2016年、pixiv zingaroにてグループ展「ピクセルアウト」を企画。2017年に個展「有無ヴェルト」を開催。2016年より「スタジオ常世」の名でゲーム開発を開始し、2018年にシューティングゲーム「摩尼遊戯TOKOYO」(まにゆうぎとこよ)をリリースした。

KAI-YOU

エンジニア、3DCG/UIデザイナー、編集者、映像ディレクター、プランナーからなる「すべてのメディアをコミュニケーション+コンテンツの場」に編集・構築することを目的とした会社。2008年より活動開始、2011年に法人化。月間2000万PVのポップポータルメディア「KAI-YOU.net」の開発と運営を中心としながら、次世代のポップカルチャーの在り方を探求する。Webやデジタル領域から、イベントや展示まで媒体を問わないプランニングも行う。


作品制作
たかくらかずき
企画
KAI-YOU、東京シティビュー
協賛
株式会社マウスコンピューター
問い合わせ先
株式会社カイユウ info@kai-you.net
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る